Auction menu

いつもお世話になります!
今月も無事にリストの発行にこぎつけました
大変ありがとうございました


★★★★★お知らせ★★★★★


2022年12月のリストをお届けいたします
〆切は2022年12月11日(日曜日)です。
12日のfax,郵便の到着を待ってから集計に
入ります。それまでの入札はメールを含め
全て受け付けますので、よろしくお願い致します。
お電話でも入札も気軽にどうぞ
0284-42-7736です。11時-6時


いよいよ2022年も12月に入り、残すところひと月!今年も沢山のお付き合いを頂きまして大変有難うございました。
年末に今年最後のリストが発送されますが、それは年明けに配達されると思いますので、これが年内は最後のリスト
となります。また大切なレコードを当方に委託された皆様にも改めまして深く御礼申し上げます。ありがとうございました。
今年はヨーロッパの60年代ポップ・レコードに明け暮れました。(よく言われる事でもありますが)
我々の幼少期から少年にかけてのヒットパレードにはヨーロッパのヒット曲が米国のヒットとほとんど
変わらず登場し多くのヒット曲が生まれていました。私が初めて買ったヨーロッパ産ヒットは多くの人と同じように
「夢見る想い」か「砂に消えた涙」ような気もしますが...しかし、はっきり覚えているのはチンクエッティの
「愛は限りなく」を購入しB面のカテリーナ・カゼッリの「青春に生きる」をかけてぶっ飛んだ事です。それがきっかけで
その後にサンレモ・ヒットという2枚組で2000円(多分?)という価格に惹かれて購入したレコードから
多くのイタリア産のヒットに触れました。今でもウィルマ・ゴイクの「花咲く丘に涙して」は心に仕舞われてた大切な曲です。
また、いつもリストで大絶賛しているリタ・パヴォーネとの出会いは「ベスト・オブ・ヤングクィーントリオ」
というRCA企画のオムニバス盤を購入した時です。本命のバルタンやペギー・マーチを差し置いて少年時代の
私の心を捉えたのは「心」や「恋の意気地なし」「I'LL WAIT FOR YOU」といった彼女の説得あるバラードでした。
注釈)上記の事はビートルズやエレキ(1965年のエレキブーム)と全く時代、同じ土俵の上で起こっていた事で
私もすべて一緒くた(一色端というのは誤りです)に経験してきたことです。

]::::::::::::::::::]:::::::]::::::::::::::::::::::::::]:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]:
話題変わりまして、先月紹介したSPレコードに関しても色々相変わらず整理しまくっております。
通常のオーディオ装置で十分に耐えうる音質で録音されていますので
興味のある方はご試聴ください↓


https://www.vintagerecord.com/3hearit_cm.htm

*************************************************
SPレコードの試聴の様子を動画ファイルにしたものもアップしています。
散らかっていますが、店内の様子も撮影していますので、是非ご覧ください
https://youtu.be/RjCVtfi2Vpk


オーダーはこのフォームをご利用ください
➡ORDER SHEET



全ての出品商品を一括してご覧になりたい場合はメニューの
ALL ITEMをクリックして下さい



★★★店主の徒然コラム★★★

★★★★★2020年11月コラム(第7回カレッジ・フォーク)


★★★★★★6月の記事(第6回 エレキ禁止令)
★★★★★★5月の記事(第5回)
★★★★★★4月の記事(第4回)
★★★★★★3月の記事(第3回)
★★★★★★2月の記事(第2回)






手放したい皆様へ 委託に関するページをご参照ください ★★★★★★




全ての出品商品を一括してご覧になりたい場合はメニューの
ALL ITEMをクリックして下さい

ORDER SHEET

オーダーの方はこのフォームをご利用ください
➡ORDER SHEET



★★★★★お知らせ★★★★★
スミマセン今月は試聴用の音源アップしていません
また、来月お聞かせしたい音源があった時には
試聴用のページを更新します

s://www.vintagerecord.com/2hearit_cm.htm