Auction menu

全ての出品商品を一括してご覧になりたい場合はメニューの
ALL ITEMをクリックして下さい

ORDER SHEET

オーダーの方はこのフォームをご利用ください
➡ORDER SHEET



★★★★★★
今月のリストをお届けします!

今年の夏もいや~暑かったですね!ようやく秋の気配を感じるこの頃です。
皆様のおかげで今月も色々なレコードが集まりました!
感謝致しております、本当にありがとうございました。

今回いくつかの省略記号に関して、確認しておきます
よくつかわれるものでWOBCとあります
これはWRITTEN ON BACK COVERの略でジャケの後ろ側
もしくは見開きの内側に書込みがあるという略号です
表面の書き込みはWOCとなります。
またMOCはMOLD ON COVERの略でジャケにカビシミありと云う事になります。
MOBCはジャケの裏側にカビシミありとなります
来月また紹介して参ります


★★★★★★
最近スキャナーのガラス表面にキズが入っているせいでCDのようなプラスティックでを
スキャンすると線が入ります、またシングルレコードなどにも不自然な縦線が入る事も
あります。これらは全て商品に入っているキズではございませんので、ご注意のほど
よろしくお願い致します。

英語のメニュー・ペー

2020年10月のリストをお届けいたします

いつもお世話になっております
月のリストが完成いたしました
10月10日(土曜日)が締め切りです
いつものように翌日の郵便到着を
待って締め切らせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします

Vintage Records 荻野輝夫



★★暫くコラムを書いていませんが、エレキ禁止令の続きを書け、書けと
言われたりしております。エレキの衰退からカレッジ・フォークの躍進
さらにグループ・サウンズの台頭!それらは僅か2年から3年の間に
成し遂げられた流行の推移であり、その後のニューロックへの移行期
(これこそが日本のロックの原点)をふくめても僅か5年の間の出来事です
今では考えもつかないほどの!驚きの進歩です!
私自身がエレキギターに憧れたのはビートルズからベンチャーズに洋楽の
コアが移動した1965年の事です、それはあくまでも憧れであり実際に自分が
エレキを購入しバンドを結成するに至ったのはエレキサウンドが完全に衰退し
流行遅れを象徴するサウンドまでなり下がってからの事です!
ギターを始めて間もなくポール・バターフィールドやTYAに象徴されるブルース
がギター少年が憧れる本丸となりました。(実際にはブルースではなくブルース・ロック
だったんですがね...)しかもそれらは日本ではニューロックというジャンルに
カテゴライズされていました。
まあそんな原点を持つ私が見て感じたこの時代のあれこれを、そのうち書くと思います。
またよろしくお願い致します Vintage Records 荻野輝夫


★★★★★★6月の記事(第6回 エレキ禁止令)
★★★★★★5月の記事(第5回)
★★★★★★4月の記事(第4回)
★★★★★★3月の記事(第3回)
★★★★★★2月の記事(第2回)




手放したい皆様へ 委託に関するページをご参照ください ★★★★★★




全ての出品商品を一括してご覧になりたい場合はメニューの
ALL ITEMをクリックして下さい

ORDER SHEET

オーダーの方はこのフォームをご利用ください
➡ORDER SHEET。